総力報道!THE NEWS SBC シリーズ ものづくり長野

vol.77
2015年6月 2日放送

信大工学部に「国際科学イノベーションセンター」

長野市の信州大学工学部に世界の水不足の解決を目指す研究拠点、「国際科学イノベーションセンター」が完成しました。

「国際科学イノベーションセンター」は、地上7階地下1階建て。6月2日に行われた開所式には大学や研究に参加する企業、行政関係者などが参加して行われました。

信州大学は国の「革新的イノベーション創出プログラム」に選ばれ、水の浄化の研究などに行うことになっていますが、その拠点が国際イノベーションセンターです。

記念式典では、かつて信大工学部で客員教授を務め、青色LEDの開発で去年ノーベル物理学賞を受賞したアメリカ・カリフォルニア大学の中村修二教授が招かれ、研究の発展にエールを送りました。

信州大学では国からの補助金を活用して研究を行い、2022年3月までに技術の実用化を目指します。

Get the Flash Player to see this player.