[サイプラススペシャル]385 安全、安心のドライフルーツを製造・販売 材料はすべて国産

長野県下伊那郡

南信州菓子工房

風味を活かしたドライフルーツを製造するために新たに「半生製法」を開発しました。

取材後記

2012年設立

sec01.jpg

飯田下伊那エリアの有力な地場産業である「半生菓子」。木下裕亮社長は父親の半生菓子を製造する会社から2012年に独立し南信州菓子工房を設立しました。
コンセプトは地元産のリンゴ、柿などの素材を活用した付加価値の高い菓子づくりで「ドライフルーツ」を専門に製造、販売する会社を立ち上げました。
現在は国内レモンを使用した「輪切りレモン」が大手コンビニチェーンや地元スーパーにも納品されるヒット商品となり短期間で成果をあげています。

材料は全て国産

sec02.jpg

現在、製造しているドライフルーツ製品は「レモン」「リンゴ」「柿」「いちご」「キウイ」「もも」「みかん」など10種類以上にのぼり全てを国産の果実を原料にしています。
輸入のドライフルーツは長期の輸送に耐えるように防腐剤などが使用されることがあります。南信州菓子工房では国産原料にこだわり地元産の美味しいフルーツも積極的に使用しています。

半生製法の開発

風味を活かしたドライフルーツを製造するために新たに「半生製法」を開発しました。これまでの地場産業の半生菓子の製造技術を活かし真空釜を使い45°以下の比較的低温で果実を煮詰めて加工する独自の製法です。
この秋には「桃」「ラ・フランス」などのドライフルーツの新製品も予定しています。

sec03.jpg

南国のフルーツを製品に

現在は国内産のフルーツを使用したドライフルーツを製造販売していますが
将来は南国の豊かなフルーツを材料にしたドライフルーツの製品づくりを手掛けたいと夢は広がっています。

sec04.jpg
yes.jpg

【取材日:2016年07月07日】

企業データ

南信州菓子工房株式会社 長野県下伊那郡阿智村春日3291番地1 TEL:0265-43-5211
http://www.373shinshu.com