[サイプラススペシャル]389 高効率、長寿命のボイラーと熱交換器 110年の歴史

長野県須坂市

前田鉄工所

前田鉄工所の創業は明治39年で須坂にあった硫黄鉱山の精練釜の製造からスタートしました。関東大震災を契機にボイラーの開発・製造を始め今日まで110年の歴史を持つ企業で主力製品は伝統のボイラーと熱交換器です。

取材後記

前田式ボイラー

関東大震災で同社の前身である前田鋳造所の東京工場も被災しました。当時、ボイラーは全て海外からの輸入品で、創業者は石炭などの熱源を利用し暖房などに使用するボイラーに将来を託し大学の先生などに設計を依頼して開発、製造したのが国産初の暖房用鋳鉄ボイラーです。

社長・旧工場

主力製品

国内で初めて製品化された前田式ボイラーは官庁、公共施設、大学などに積極的に導入されました。昭和恐慌の厳しい時代も中国工場など海外市場の開拓で危機を乗り越え、戦後はインフラ整備と高度成長の波にのり熱源が石炭から石油、ガスに変わっても産業用、暖房用に欠かせないボイラーを一貫して製造しています。改良を重ねた同社のボイラーは高寿命、高効率の製品として長く愛され現在も同社の一番の主力製品となっています。

ボイラーと社員・組立

熱交換器

ボイラーなどで排出される排熱を利用して水を蒸気などにしてエネルギーを再利用する熱交換器。小さいものから直径1メートルの大きなものまで相手先の要望に応えた製品をオーダーで受注、製造し同社のもう一つの主力製品に育っています。

熱交換機

今後について

同社のものづくりのこだわりは半谷社長によれば「大量生産でコストを安くする時代は去っており、現在は顧客一人一人にあった対応と製品の改良、開発を繰り返すことにある。縮小している市場の中でしっかりした足場を固めることが当面の課題だ」と言います。

溶接作業・工場
YES

【取材日:2016年08月03日】

企業データ

株式会社前田鉄工所 〒382-8555須坂市大字豊丘1385番地の1 TEL:026-246-7301
http://www.maedatekkou.co.jp