[サイプラススペシャル]410 航空機産業「システム分野」の拠点 目指す 長野県航空機産業推進会議

長野県長野市

長野県航空機産業推進会議
(事務局 長野県産業労働部)

成長分野として期待されているのが航空機産業。長野県が産学官でつくる長野県航空機産業推進会議を発足させた。目指すのは「航空機システム」の拠点化で、超精密加工や電子分野など信州のものづくりの「強み」を生かしていく計画だ。

取材後記

国や自治体、研究機関がメンバーに

都内で開かれた長野県航空機産業推進会議の初会合。会長は長野県の阿部守一知事で経済産業省や宇宙航空研究開発機構(JAXA)、航空機産業の集積を進めている飯田市、それに長野県経営者協会など産学官の各団体の代表者が集まった。

sec01.jpg

航空機システムで勝負

2015年の航空機産業の国内生産額は約1兆7000億円。これが2020年後半には
3兆円規模になるとの予測がある。長野県では超精密加工や電子、情報など、信州の強みが生かせ、国内に拠点がないという航空機システム(飛行制御や燃料系統、空調などの装備品)分野で勝負する計画だ。

sec02.jpg

目指すは2025年 「アジアの拠点」

長野県の阿部知事はこの場で「航空機システム分野のアジアの拠点を目指す」と長野県のビジョンに沿って計画を進める考えを述べた。経済産業省の関係者からは「明確なビジョンがある」と長野県を評価する声も聞かれた。目標とするのは2025年。航空機システムに係る人材育成や研究開発の体制づくりや企業集積を進めていく計画だ。

【取材日:2016年12月05日】

企業データ

(事務局)長野県産業労働部 〒380-8570 長野県長野市南長野幅下692-2 TEL:026-235-7191