[サイプラススペシャル]412 現場と事務所をつなぐソフトウェア 「GENNECT」 高品質と最高のサービス

上田市

日置電機

電気計測器の開発、生産、販売・サービスを行う日置電機。新年早々に社長人事を発表し細谷和俊氏が七代目の社長に就任しました。
細谷新社長は「永続できる企業を目指したい。そのためには社会から必要とされる高品質の製品と最高のサービスを提供する」ことが重要だと言います。
HIOKIのものづくりは多品種少量生産で上田本社に開発、設計、生産、販売まで機能が集中していることが特徴となっています。

取材後記

GENNECTの発表

日置電機は電圧、電流、抵抗、温湿度など多種多様な項目の測定器を市場に出し続け日本国内におけるインフラ整備やものづくりの現場で欠かせない存在となっています。
2年前に新たなサービスとして現場支援データマネージャ「GENNECT」を発表しました。

この「GENNECT」はハードウェアとしての測定器の開発にこだわってきた同社が初めて各種測定器を使う現場の業務の効率アップと高品質化のために開発したアプリケーションソフトとなっています。

hioki2-03.jpg

現場をITでつなぐ

従来は、現場で測定した数値をいったん事業所に持ち帰りデータをパソコンなどに入力することが一般的でした。
今回のソフトを利用すれば現場で測定した数値をタブレット端末(現在はiPADのみ)に直接入力することが可能になり現場で過去のデータも呼び出して比較することもできるようになりました。

hioki2-04.jpg

利便性、生産性の向上

細谷和俊社長によれば「今回のGENNECTというソフトウェアの商品は、客先に測るだけから測ることを含めてトータルな仕事をいかに解決するかの提案になっており客先の利便性と生産性の向上に貢献している」と言います。

hioki2-05.jpg

hioki2-06.jpg

【取材日:2017年1月23日】

企業データ

日置電機株式会社 〒386-1192 長野県上田市小泉81 TEL:0268-28-0555
http://www.hioki.co.jp/