[サイプラススペシャル]417 本格志向のカメラレンズ製造 優れた光学性能

長野県中野市

株式会社コシナ

一般向けではなく、高度な技術を求める写真愛好家やプロ向けの「ハイエンドの製品群」。光学精密機器製造のコシナが目指すものづくりです。高い技術力を生かし、高品質のカメラレンズで支持されているのがコシナの光学製品です。

取材後記

設立は1959年 主力はカメラから高級レンズに

かつては、一眼レフやコンパクトカメラなど自社ブランドでカメラを世に送り出してきたコシナ。展示ルームには「コシナ」のカメラやレンズなど歴代の製品が並んでいます。1990年代に入ると、高い技術力をレンズ部門に集中させました。世界の写真愛好家の間で憧れのカメラレンズという「ツァイス」などのブランドを手掛けています。

展示・現行製品

一貫製造が生み出す「ハイエンド製品」

コシナは、光学ガラスのガラス板から組み立てまでレンズ生産を一貫して行っている国内では数少ない企業。レンズに使われる部品は100点ほど。手作りの工程が多く、熟練の技術者たちが丁寧に仕上げていました。

レンズ加工・作業風景・レンズ内部
宇宙

宇宙ステーションに採用されたレンズ

コシナのレンズは宇宙空間でも活躍しています。千葉工業大学が国際宇宙ステーションに設置したカメラのレンズで、目的は流星の観測。宇宙空間で流星が放つ、わずかな光を捉える優れた光学性能が評価されたということです。写真は提供されたレンズの試作品です。

川久保常務

技術者が楽しんでいる会社

コシナのものづくりについて常務取締役の川久保敏明さんは「技術者が楽しんでいる」と話します。コシナは設計から組み立てまで一貫して自社で行うレンズづくりのプロ集団。最高の品質でユーザーを満足させるために、決して妥協しないものづくりを続けています。

集合写真

【取材日:2017年02月17日】

企業データ

株式会社コシナ 〒383-8555 長野県中野市吉田1081 TEL:0269-22-5100
http://www.cosina.co.jp/