[サイプラススペシャル]422 医療・光学機器向けの部品を提供 得意は精密切削の技術

長野県上伊那郡宮田村

株式会社マスダ

1962年の創業以来「精密部品加工」の技術を追求しているのが株式会社マスダです。
現在の主力は高度な品質が求められる医療・光学機器の加工。培った技術力で顧客の要求に応えているといいます。

取材後記

得意は微細な部品の加工

下の写真で手のひらに載せているのは「はさみ」。微細で機能性が求められる医療機器のイメージとして示してもらいました。内視鏡などの医療機器や光学機器では顕微鏡の部品加工を手掛けます。切削工具も工夫していて、増田博専務は「非常に小さく微細な部品の精密切削加工を得意にしている。試作品も含めて顧客が求めるスピードに応えられることも強み」と話します。

sec01.jpg

若手の育成に力

sec02.jpg

技能の継承は多くの企業が課題に挙げています。マスダでは、若手に加工技術を指導する「技能道場」で人材育成を図ります。医療関連ではさらなる受注の増加を見込んでいて、マスダ専務は「技術があれば仕事は来る。技術を持ち、時代の状況に応じていきたい」と語ります。

地域貢献で食品加工

マスダは食品分野にも進出しています。「宮田とうふ工房」を運営し、地元産大豆を使用した豆腐やドーナツの製造販売を手掛けます。地域貢献を目的におよそ20年前に事業化。今では一定の知名度もあるということです。

sec03.jpg

若手の育成

yes.jpg

【取材日:2017年03月27日】

企業データ

株式会社マスダ 〒399-4301 長野県上伊那郡宮田村6689-1 TEL:0265-85-2086
http://masuda-k.com/