[サイプラススペシャル]423 プレス加工の高度化 進める 主力は自動車分野

長野県松本市

株式会社オオタ

プレス加工の高度化を進めているのが松本市のオオタです。精密金型の設計・製作から プレスまで手掛け、難易度が高い素材も扱います。主力の自動車部品を中心に幅広い市場開拓を進めています。

取材後記

強みはプレス工程

自社の強みについて、オオタの太田修吾社長は、「プレス工程の回数を減らす技術を持っていることです」と話します。写真は自動車向けの精密プレス部品。精密金型の設計・製作段階で独自のノウハウを生かし、プレス工程を減らす工夫で生産性のアップやコストの削減を提案しています。

自動車部品・太田社長・加工の様子

主力は自動車分野

かつては携帯電話やノートパソコンのプレス品が中心だったオオタ。しかし、市場の動向から自動車向けに強度がある固い素材でも加工できるプレス機を導入するなどして、受注を増やし、現在の主力に育てました。

プレス機・プレス加工ライン

「まね」のできないものを

オオタでは国内では「数社しかない」というマグネシウム素材のプレス加工技術を持っています。「不可能を可能にしたい。世の中がまねのできないことをやっていきたい」と話す太田社長。付加価値の高い技術に挑戦しています。

YES

【取材日:2017年04月07日】

企業データ

株式会社オオタ 〒399-0033 長野県松本市笹賀5652-96 TEL:0263-26-5151
http://www.kk-ota.co.jp/index.php