[サイプラススペシャル]431 緩みにくいボルトとナットの可能性追求 航空宇宙分野にも挑戦

長野県埴科郡坂城町

株式会社ヤマザキアクティブ

自動車や機械、建築物など様々な用途に使わるのがボルトやナットです。
金属部品加工のヤマザキアクティブが売りにしているのは、緩みにくいボルトやナット。現在では航空宇宙分野への挑戦を視野に開発を進めています。

取材後記

「緩みにくい」独自の形状にたどり着く

「理想的な形状」とアピールしているのが「アクティブクロス」の名称で提供しているボルト、ナットそれに座金(ワッシャー)です。

約10年前から信州大学工学部などと共同で研究を開始し、スカート状に広がる独特の形状が「緩みにくさ」を生むことを発見しました。振動がネジに直接伝わらないことが緩みにくさにつながるという考え方です。

山﨑忠承社長によるとヒントはお風呂の吸盤。「簡単には取れない」ことを応用したといいます。

20170616sec01.jpg

航空宇宙分野に挑戦

成長産業として注目される航空宇宙分野。ヤマザキアクティブのボルトやナットは自動車や建設機械などに使われているといいます。振動に強いことから山﨑社長が注目したのが航空宇宙分野。

強度の高い素材を使用することで振動に加え、高温などより過酷な条件でも需要が見込めると判断し、開発に乗り出しています。

20170616sec02.jpg

サンプルの供給で販路拡大を目指す

ボルトやナットなどは特許を取得。ネットなどを通じた相談が入ると「実際に試してほしい」(山﨑社長)とサンプルを供給で顧客を獲得してきたヤマザキアクティブ。研究を重ねさらなる販路拡大を目指しています。

20170616sec03.jpg
20170616yes.jpg

【取材日:2017年05月23日】

企業データ

株式会社ヤマザキアクティブ 〒389-0603 長野県埴科郡坂城町南条2223-2 TEL:0268-82-7635
http://active-x.jp/