[サイプラススペシャル]472 時代に先駆け絹糸(けんし)からモーターへ モーターの技術を活かしロボット事業へ

長野県上田市

シナノケンシ

精密モーターの技を活かした挑戦
成長分野ロボット産業に本格参入

「モーターの強みを生かし、ロボットに挑戦します」

様々な形のものをつかむことができるロボットハンド。

「YES!ものづくり」今回は、精密モーターづくりのワザを活かし、ロボット分野へ本格参入したシナノケンシをご紹介します。

創立100周年

かつて絹糸紡績、今は精密モーター

1918年、絹糸(けんし)の名の通り「濃絹糸紡績」として紡績業からスタートしたシナノケンシは、今年100周年を迎えます。

shinanokenshi03.jpg
shinanokenshi04.jpg

代表取締役社長金子元昭さん

「100年といっても私が入ったのは後ろの30数年しかないものですから、その前は詳しく分かりませんが、本当に先人の努力に心から敬意を表します。」


絹糸紡績業がまだ活況だった1962年、産業構造の変化を見越し、精密電機事業部を設立。現在は売り上げの9割が精密モーターです。


「シルクというその当時の花形産業。必ずどことかで衰退すると予見して、全く違う分野のモーターに入ったということは、その時々の経営陣の決断が正しかった」と、金子社長。

県内有数!グローバルものづくりメーカー

shinanokenshi05.jpg

車載やOA機器、産業機器用のモーター製造を手掛けるシナノケンシは、売上はおよそ450億円、従業員も国内およそ850人と、県内有数の規模をほこるものづくりメーカーです。
とくに自動車用はグローバルに展開し国外の9カ所に営業拠点、3カ所に生産拠点を持ち、連結売上高に占める海外比率は7~8割にのぼります。

成長期待ロボット分野に本格参入

shinanokenshi06.jpg

モーターで培った「高効率」「小型化・薄型化」「低騒音・低振動」の技術を生かし、ロボット分野に本格参入しました。
もともとシナノケンシは、モーターに電子制御装置を組み合わせてさまざまな用途向け製品も手掛けています。これを発展させ、目を付けたのが、成長が見込めるロボット市場です。

shinanokenshi07.jpg

シナノケンシが新たに手掛けるのは、人の動作を助けるパワーアシストスーツなどに組み込むアクチュエーター(駆動装置)システムです。
アクチュエーターシステムは、得意とするモーターなどの駆動装置と、電子制御装置で構成されます。モーターづくりで培った「軽量・薄型」が特長で、パワーアシストスーツに組み込めば、人がスーツを装着する際に邪魔になりません。
電動の補助力を使うアシスト型車いすや、物流倉庫で使われる無人搬送車向けなど、関連メーカーからの受注を目指しています。

瞬時に判断してつかめる「ロボットハンド」

産業用ロボットの先端に使われるロボットハンドも開発しました。
「異なった固さ、異なった大きさ、そして異なった形。この3つを瞬時に判断してつかめるのがいちばんの特長です」と、執行役員のALビジネスユニット中込真二さん。
三本爪のロボットハンドで、トマトやゴルフボールなど、固いものから柔らかいものまでつかむことができます。得意のモーター技術と電子制御技術の組み合わせで、直径1~11.4cmまでのサイズに対応しました。これまで、つかむものが小さかったり柔らかかったりして自動化が難しかった、電子部品組み立てや食品・医薬品製造の現場でも対応可能なスグレモノです。

shinanokenshi08.jpg

これまでの産業用だけでなく、介護用など多様な分野でロボットの普及が見込まれる中、主力のモーター事業で培った機械・電子制御技術を生かして成長市場を開拓します。

shinanokenshi09.jpg

「先見の明」で世界をリード

読字障害のある子どもの学習支援も

shinanokenshi10.jpg

ロボットの他にも、読み書きが困難な子供向けにiPadを使って学習を支援するアプリも開発しました。
デジタル録音図書の国際標準規格「DAISY(デイジー)」に携わったシナノケンシは、1996年、規格に沿った世界初の視覚障害者用CD録音図書読書機を開発。国内90%以上、世界でもトップクラスのシェアを誇ります。
読字障害のある子どもの学習を支援するタブレット端末用アプリの名前は「いーリーダー」。

shinanokenshi11.jpg

開発を担当した顧客技術部開発設計課の田代佑介さん

「読み上げている場所に黄色くハイライトがあるんですが、そこを読み上げている場所として、目からの情報保障が得られます。一緒に音声が再生されますので、耳から音声として情報保障を得ることができ製品になっています」

創業100周年。シナノケンシは「先見の明」で信州の、そして世界のものづくりをけん引し続けます。

shinanokenshi12.jpg

【取材日:2018年3月1日】

企業データ

シナノケンシ株式会社 長野県上田市上丸子1078 TEL:0268-41-1800
http://www.shinanokenshi.com/japanese/