[サイプラススペシャル]384 生産設備の精密部品加工 当たり前のことを当たり前に

長野県安曇野市

シーケイテック

取材後記

2008年に創業

cktec-03.jpg

安曇野市に昨年本社工場を移転したシーケイテックは2008年に小林社長がものづくり企業で得た経験を活かして創業し、今期で法人登記して6期目を迎える若い企業です。
自動車や携帯電話などを組み立てる専用機や検査機に使われる精密部品を主に製造しています。

困難な仕事に挑戦

創業以来、小林社長が大事にしていることは他の企業が投げたりやめたりした複雑で難しい精密加工の分野に「まずやらせて下さい」と第一歩を踏み出し積極的に挑戦し続けてきたことです。
「妥当な価格で、約束した納期に、要求を満たしたものを納める」この当たり前のことを当たり前に継続できる会社になることを目指しています。

cktec-04.jpg

アート事業部

自動車関連の部品の受注が伸びて導入したショットブラストという機械の稼働率を高めるために社内にデザイン関係の業務を手掛けるアート事業部を設立しました。
池田町の特産の一つであるワインのボトルやグラスに同町のロゴの絵や文字を刻むデザインの受注もその一つで地元金融機関のキャラクターのデザインが入ったノベルティの製作にも関わっています。

cktec-05.jpg

シーケイテックグループの形成

今後は基本である精密部品加工の切削加工技術をさらに磨き、いままで踏み込めなかった分野にも挑戦をしたいと言います。また将来はものづくりだけでなくエステなどのビューティー分野や飲食、オートモービルなどの各分野を小規模でもいいので独立した企業にして全体でシーケイテックグループを形成することを目指す夢を持っています。

cktec-06.jpg
cktec-07.jpg

【取材日:2016年6月28日】

企業データ

株式会社シーケイテック 安曇野市明科七貴6084-11 TEL:0263-31-5583
http://www.cktec.jp