yes,ものづくりナガノとは?

平成20年7月
信越放送株式会社 代表取締役社長
田幸 淳男

長野県の製造業には、独自の卓越した技術を持ち、世界に誇れる確固たる地位を築いている企業が数多くあります。国内のみならず、世界の舞台でトップのシェアを獲得し、その製品は高い評価を受けております。「長野県は過去も現在も未来も製造業で成り立っている」といっても過言ではありません。
長野県は、行政の分野で、商工部を中心に技術開発や人材育成の支援、産学官連携による研究の推進など製造業のバックアップを積極的に行っています。しかし、技術の伝承、新規市場のマーケティング、さらに高いレベルの技術を持つ人材の確保など、解決すべき課題も多く、製造業のグローバルな活動・活躍を応援していくことは、長野県全体の発展に、大きく貢献すると考えます。
信越放送は、「文化の向上、産業・経済の発展に寄与すること」を社の理念として掲げております。今年テレビ放送開始50周年を迎えるにあたり、長野県の製造業を応援するキャンペーン「Yes,ものづくりナガノ」をスタートいたしました。長野県の放送局として、長野県の『ものづくり』に力点を置き、広く情報発信をすることにより、地元支援の新たな一歩とする所存です。

「Yes,ものづくりナガノ」キャンペーンは、テレビ、ラジオのニュースや番組など信越放送が持つツールをフルに生かして展開してまいります。そのひとつとして長野県製造業応援サイト『Sai+(サイプラス)』を立ち上げました。『Sai+』では長野県内の元気な製造業の皆さんを紹介し、長野県の製造業の「今」をお伝えします。『Sai+』は、長野県内のみならず全国にそして世界に向けて、長野県の製造業の情報の発信を担うサイトであると考えております。

長野県製造業応援サイト『Sai+(サイプラス)』をご利用いただきますようお願いいたします。

Sai+(サイプラス)とは

「信州の誇るべき技術・技能を、インターネットを通して、見て触れることができるサイト。最新の技術や技能、大勢の人が出会うことで、『ものづくり』の未来を切り拓き、創造していくサイト」そんな願いを込めました。
【S】は、「Shinshu」「Skill」「Start」の頭文字です。【ai】は「I」私、「IT」インターネット、「eye」見る、「合う」Matchingを意味します。【Sai】は響きが美しく、耳に優しい言葉ですが、漢字では、「最高」「最適」「最大」の最、また「彩」や「才」も連想できます。【+(プラス)】には、これからの広がりや発展、明るく力強い未来をイメージしています。