明日を造れ!ものづくりナガノ

「明日を造れ!ものづくりナガノ」とは?

製糸の時代に源を発する長野県のものづくりは、今も県内の産業の根幹を成しています。そして多くの企業がその高い技術力や開発力を武器に、国内のみならず海外にも活躍の場を広げています。そんな県内のものづくり企業に改めてスポットライトを当て、実力をご紹介するのがこの番組です。

vol.97
2016年11月26日放送

ものづくりリーダーズトーク~エーアイテック 大林頼彦社長

 省力化機器の開発製造を手がけ、主力の自動車部品検査装置などで大手メーカーの高い評価を得ている松本市のエーアイテックから創業者の大林頼彦社長をゲストに迎え、冷凍技術を核に高性能製品を送り出す 強みや今後の目標などを聞いた。
また、地域に根差した優れたものづくり企業を表彰するものづくり大賞NAGANO2016の結果も伝える。

Get the Flash Player to see this player.

出演者 プロフィール

小澤吉則コメンテーター
小澤吉則氏
(おざわよしのり)
長野経済研究所 調査部長。
1985年 八十二銀行入行
2000年 長野経済研究所出向
長野県を中心とした経済調査、地域振興を専門。
著書として『創生長野経済』(長野経済研究所共著)、『危機を生き抜く企業力』(同)等。
長野県中小企業振興審議会委員、長野県中小企業新興センター事業評価委員会委員長、長野県経営者協会「技術・技能委員会」委員などの公職のほか毎月第1火曜日SBC「ラジオJ」に出演。

次回予告

2016年12月24日放送予定
第九十八回

バックナンバー

2016年10月29日放送
第九十六回 ものづくりリーダーズトーク~ナガオカ製作所 長岡義明社長
 エレクトロニクス産業に欠かせないプリント基板を供給する搬送装置などでトップクラスのシェアを持つ立科町のナガオカ製作所・長岡義明社長をゲストに迎える。
電機部品の組立内職工場を専門メーカーに育て上げた長岡社長に、一貫生産体制で顧客の要望に応えるものづくりの強みや、付加価値の高い製品開発でニッチな市場を開拓する意気込みを聞いた。
2016年9月24日放送
第九十五回 ものづくりリーダーズトーク~マイクロストーン・白鳥 敬日瑚社長
衝撃や動きなどに関わるセンサー機器の開発技術で強みを持ち、新たに健康支援事業を展開する佐久市のマイクロストーンの白鳥 敬日瑚(のりひこ)社長をゲストに迎える。
センサーを活用して歩き方の特徴や癖を分析する小型計測器を普及させ、身体への負担を減らそうというサービスに力を入れ、今年春には新会社を設立した。
白鳥社長に、一般の人を対象にした健康支援事業を展開する狙いや、今後の戦略などを聞いた。
2016年8月28日放送
第九十四回 ものづくりリーダーズトーク~すや亀・青木茂人社長
長野市の門前で1世紀余り、伝統のみそ造りを続けながらみその味を活かした加工食品の開発に積極的に取り組む「すや亀」の3代目、青木茂人社長をゲストに迎える。
厳選された材料を使うみそ造りや、加工食品に添加物などを使わないこだわりが特長だ。みその消費量が減少する中、子どもにも親しめる新たな味をどう発信するか、青木社長に今後の展望などを聞いた。

もっと見る