明日を造れ!ものづくりナガノ

「明日を造れ!ものづくりナガノ」とは?

製糸の時代に源を発する長野県のものづくりは、今も県内の産業の根幹を成しています。そして多くの企業がその高い技術力や開発力を武器に、国内のみならず海外にも活躍の場を広げています。そんな県内のものづくり企業に改めてスポットライトを当て、実力をご紹介するのがこの番組です。

vol.107
2017年9月30日放送

ものづくりリーダーズトーク~マル井 井口彰社長

加工わさびの製造と販売を手掛ける、安曇野市のマル井を特集。
全国的に知られるわさびの産地、安曇野に本社と工場を置き、大手と市場シェア争いを展開する創業70年余りの老舗メーカーだ。
業務用・家庭用に多様な加工わさび商品を送り出すとともに、アメリカに粉わさびの生産拠点を設けるなど海外展開にも積極的に取り組む。 井口彰社長をゲストに迎え、わさび苗を自社のプラントで栽培して農家に供給する取り組み、消費拡大に向けた新商品の開発などについて聞く。

Get the Flash Player to see this player.

出演者 プロフィール

小澤吉則コメンテーター
小澤吉則氏
(おざわよしのり)
長野経済研究所 調査部長。
1985年 八十二銀行入行
2000年 長野経済研究所出向
長野県を中心とした経済調査、地域振興を専門。
著書として『創生長野経済』(長野経済研究所共著)、『危機を生き抜く企業力』(同)等。
長野県中小企業振興審議会委員、長野県中小企業新興センター事業評価委員会委員長、長野県経営者協会「技術・技能委員会」委員などの公職のほか毎月第1火曜日SBC「ラジオJ」に出演。

次回予告

2017年10月28日放送予定
第百八回

バックナンバー

2017年8月28日放送
第百六回 ものづくりリーダーズトーク~旭松食品 木下博隆社長
こうや豆腐(凍り豆腐)の製造と販売を手がける飯田市の旭松食品を特集。
豊富な地下水など環境に恵まれ、古くからこうや豆腐の生産が盛んな飯田市で創業、年間2億枚のこうや豆腐を生産するトップメーカーだ。
生タイプの即席みそ汁や介護用食品の製造も進めているほか、こうや豆腐の健康効果についての研究にも力を入れている。
木下博隆社長をゲストに迎え、大幅な減塩を実現したこうや豆腐の新製法の狙い、消費拡大に向けた新メニューの開発などについて聞いた。
2017年7月29日放送
第百五回 ものづくりリーダーズトーク~日本電熱 松田博幸社長

産業用ヒーターなどを手がける安曇野市の日本電熱を特集。"熱とその制御"を得意としており、家庭用のシャワートイレヒーターから半導体製造装置、発電プラントなど製品分野は幅広い。

去年、創業70年を迎えたのを機に、社内プロジェクトで焙煎(ばいせん)機能付きの全自動コーヒーマシンを開発、コーヒー愛好家から注目を集める。

松田博幸社長をゲストに迎え、一時撤退していた家電事業に再び力を入れる理由や、コア技術を活かした多様な製品開発の狙いを聞いた。

2017年6月24日放送
第百四回 ものづくりリーダーズトーク~小松製作所 小松浩康社長
建設機械などに使われている部品の製造を手掛けている松本市の小松製作所を特集。
高精度な加工を可能にする溶接技術と一貫生産体制を強みとしており、坂城町の竹内製作所など国内の大手建機メーカーから高い評価を得ている。
近年は、防災や介護など新規分野に参入、建物の揺れを抑える製品や大型リハビリ機器の部品も手がける。
小松浩康社長に、トップレベルという溶接のひずみを抑える技術の特徴や新規事業育成に賭ける思いなどを聞く。
また、情報発信を通じて県内の製造業を応援するものづくりNAGANO応援懇話会のニュースも伝える。

もっと見る