[サイプラススペシャル]419 ものづくりの試作段階を支える 電子回路設計など受託開発

長野県上田市

マリモ電子工業株式会社

マリモ電子工業は、ソフトウエアやハードウエアを受託開発し、ものづくり企業の試作段階を支える専門企業です。
製造分野はもたず、外部に委託しています。

取材後記

ものづくりを支える

創業は1980年で現在の清水久夫社長は二代目。取引先は長野県内を中心に首都圏などで、「電子回路の設計・開発、機械などを動かすプログラムの開発、設計」などが中心で「マリモのように急には大きくならないが着実に育っていく企業を目指す」と清水社長は語ります。

社長・設計作業

開発中のデジタル無線機

同社は携帯電話の基地局などで使用されるデジタル無線機を開発中。
構想・設計・試作・検証といった開発プロセスを数理モデルに基づき実施する最先端の開発手法「モデルベース開発」が使用されています。

デジタル無線機

電子技術開発力

今後について清水社長は「他社に先行する人材、開発力、対応力など総合的な電子技術開発力で社会の発展に貢献したい」と抱負を語りました。

作業現場
集合写真

【取材日:2017年02月27日】

企業データ

マリモ電子工業株式会社 〒386-0032 長野県上田市諏訪形1071 TEL:0268-27-9644
http://marimo-el.co.jp/