[サイプラススペシャル]372 健康で快適な空間を目指す家づくり ネットゼロエネルギーハウスの性能

長野県長野市

株式会社ヴァルト

ヴァルトが目指す家づくりは一年を通して快適な空間の実現で、「寒くない」
「暑くならない」「カビがはえない」を目指し月1万円程度のコストの冷暖房費であげることを目標としています。

ヨーロッパ諸国に比べて室内の環境が劣っているのではないか。この問題意識が18年前の現在のヴァルト起業のきっかけになっています。留学時代に知り合った奥さんの出身地ドイツでは温水を循環させる輻射型のパネルヒーターと木製断熱材、トリプルサッシなどの組み合わせで快適な居住空間をつくっています。

取材後記

パネルヒーターを使用した暖房

ヴァルトが薦めるのは室内で燃焼させる温風ヒーターなどでなく温水などを循環させるパネルヒーターで輻射熱を利用した暖房で風が起きない、空気が汚れないのが特徴です。

パネルヒーター、断熱・サッシ

木質繊維の断熱材

木製断熱

ヴァルトでは蓄熱効果が高い木製の断熱材を使用しています。木材の端材を使用し固めているのでコストが安くすみ材料が自然のものであるため健康にも良く現在はスイスから輸入したものを使っています。


トリプルサッシの使用

サッシ

窓から熱が逃げるのを防ぐためにヴァルトでは3重のサッシをドイツから輸入して標準装備としています。


問い合わせは全国から

外観

施主が2~3年たってから住んでて良かったと評価し他の人に自慢したくなる家づくりを理想としており全国から問い合わせが来ています。
長野県での施工がメインで要望があれば設計を受けて施工は施主の住むエリアの工務店などに委託しています。


「ネットゼロエネルギーハウス」の住まい

EU加盟国では家電品と同じように住宅の消費エネルギー表示が義務づけられています。ヴァルトでは施主に設計段階で住宅のエネルギーの消費状況を予測し提示しています。日本でも年間の冷暖房、給湯、換気、照明などのエネルギー消費量を省エネ、創エネなどで削減しゼロにする「ネットゼロエネルギーハウス」が目標とされていますが既にヴァルトではこのレベルの性能を達成しており更に高い省エネ住宅を目指しています。

Yes

【取材日:2016年04月04日】

企業データ

株式会社ヴァルト 〒381-0022 長野市大豆島5215-1 TEL:026-268-4355
http://wald-inc.jp/