[サイプラススペシャル]424 売上好調!ワンタッチで給油できる栓 自社ブランド「コッくん」

長野県茅野市

ミヤサカ工業

「これがあれば給油が簡単!わが社の自慢『コッくん』です」

ワンタッチで給油や給水ができるコック・栓。 製造・販売しているのは、自動車部品加工の企業です。 YES!ものづくり。今回は茅野市のミヤサカ工業をご紹介します。

取材後記

センターレス研削加工のミヤサカ工業

ミヤサカ工業の本業は、自動車部分加工。
エンジンや変速機など円筒形部品の「センターレス研削加工」を手掛けるものづくり企業です。
この分野では業界トップクラスを誇るミヤサカ工業が自社ブランド製品として開発したのが「コッくん」と名付けられた、タンクに取り付ける栓です。

s_20170428_01.jpg

※センターレス研削加工
円柱や円筒状の工作物の外周面を鏡のように表面処理する加工技術


代表取締役社長 宮坂義政さん
「従来、液体の小分けが非常に大変だったですけど、この『コッくん』があればレバーひとつで出したり止めたりすることができるるのが特徴です。また、上へ向けていただけると液が垂れないということ油をこぼさない。非常に便利に使っていただいています。」

s_20170428_02.jpg

売上1億円!毎年売上増!!

s_20170428_03.jpg

「コッくん」の開発は2003年。15年以上のロングセーラーで、ここ数年は人気急上昇で、売上高約1億円。会社全体の約2割を占めるようになりました。

s_20170428_04.jpg

新規事業部 コッくん係 鈴木稔さん
「使っていただいたお客様から、いい商品だねと言われた時が最高にうれしいです」

「困っている」を解決するのがビジネスチャンス

ところでなぜ部品加工メーカーが、全く新しい新分野に挑戦したのでしょうか?

宮坂社長
「仕事に対しても、ものづくりに対しても、いつも課題をもつことが大事です。『困っている』ことを解決しようということが新しいビジネスチャンスに繋がっています」

s_20170428_05.jpg

もともとは自社工場内で使うために開発した給油用コック。
給油や給水がワンタッチでできることから、シンナー用、灯油タンク用、そばつゆなどの食品用を用途が広がってきたと言います。

アイデアマンの社長!新商品開発にも意欲的

s_20170428_06.jpg

開発は宮坂社長のアイデア。ところで社長はどんな人なのか?社員に伺いました。

管理課 課長 松本 耕平さん
「すごくアイデアマンで常に新しいことを考えている社長です」

s_20170428_07.jpg

シリーズとして、手動式でコンパクトな非常用浄水器も開発したミヤサカ工業。

s_20170428_08.jpg

宮坂社長は将来の展望について
「『コッくんシリーズ』として、例えば医療器関係など、あたらしい商品を企画中で、近いうちに発売していきたいなと思っております」と語ってくれました。

yes_20170428.jpg

【取材日:2017年04月13日】

企業データ

株式会社ミヤサカ工業 〒391-0012 長野県茅野市金沢御狩野5568-2 TEL:0266-79-7115
http://mskcg.jp/