[サイプラススペシャル]442 医療分野で事業拡大へ 時計の微細加工技術 生かす

長野県茅野市

高島産業株式会社

金属微細加工が主力の高島産業。電子機器や小型の加工機械の製造なども手掛けています。
ベースになっているのは時計で培った微細加工技術。高島産業では、伝統の技を生かして医療分野に進出、県内外の大学と共同研究を進めながら事業の拡大を図っています。

取材後記

医療分野で事業拡大

takashima-03.jpg

高島産業が医療機器分野に参入したのはおよそ10年前。カテーテル用の部品やステント、手術に使われる医療部品などを製造している。時計で培った技術をベースに事業の拡大を目指す高島産業。小口武男社長は「プラスアルファで今までになかった技術を編み出して、幅広く部品をつくっていきたい」と話しています。

takashima-04.jpg

中期計画は"ものづくり力アップ"

現在取り組んでいる中期経営計画のスローガンは「ものづくり力アップ」。ものづくりにさらに磨きをかけることを目指しているといいます。小口社長は、生産性高めること、品質不良をなくすこと、在庫を減らすことの3点に取り組むことで「企業体質を強くすることを狙っている」と話していました。

takashima-05.jpg

従業員の健康を重視

従業員の健康を重視する「健康経営」。高島産業は4つある工場内に血圧計を設置して、日頃から健康管理を呼びかけているほか、減塩運動にも取り組んでいます。こうした活動が評価され、経済産業省の「健康経営優良法人2017」に認定されています。

takashima-06.jpg takashima-07.jpg

【取材日:2017年8月3日】

企業データ

高島産業株式会社 〒391-0012 長野県茅野市金沢5695-6 TEL:0266-72-8825
http://www.takashima.co.jp/